ARCHICAD(アーキキャド)をどこよりも安い低価格で販売できるように最大限努力します。

= 2次元CAD/3次元CAD専門店 =
CADの購入は、安い・早い・安心・丁寧なCAD SHOPで!
どこよりも安い価格で販売できるように最大限努力します!

ARCHICAD(アーキキャド)を安い価格で販売中!


ARCHICAD(アーキキャド)は30年以上にわたり、BIMとしての機能性、使いやすさ、導入のしやすさを考えて開発されているソフトウェアです。 建築業界における設計、施工のさまざまな段階で業務を効率化し、プロセスを円滑化します。 設計者によりデザインに集中できる環境をもたらし、施工現場では生産性の向上をサポートします。 CAD SHOPでは、ARCHICAD(アーキキャド)関連商品をどこよりも安い低価格で販売できるよう最大限努力します。





商品一覧:ARCHICAD(アーキキャド)関連製品

・納期目安:入金確認後、10日前後。
・メーカー(グラフィソフトジャパン株式会社)直送品です。
・ARCHICADの体験版は、こちら のメーカーサイトからお申込み頂けます。
・ARCHICADに関する技術的な質問は、こちら のメーカーサイトからお問い合わせください。
・2022/4/1から「VIPservice」の商品名が「Graphisoft Forward」に変更となりました。

ARCHICAD(アーキキャド)のライセンス価格一覧

商品名 定価
(税別)
販売価格
(税別)
販売価格
(税込)
見積
注文
商品概要
ARCHICAD 25 レギュラー版(Win/Mac)
\924,000
\877,000
\964,700
ARCHICAD レギュラー版の1ライセンスの価格です。 ネットワークライセンスの場合は、これが2ライセンス以上必要になります。 永久ライセンスです。
Graphisoft Forward同時購入推奨。
ARCHICAD 25 Solo(Win/Mac)
\462,000
\438,000
\481,800
ARCHICADとARCHICAD Soloの大きな違いはチームワーク機能(一つのBIMモデルへの共同アクセス)の有無です。 チームワーク機能があればBIMcloudによって、効率的で革新的なBIMコラボレーションを実現できます。 一方、チームによる共同作業を必要とせず単体(Solo)で作業をされる方にはこのARCHICAD Soloが推奨されます。 ※Graphisoft Forwardへのご加入が必須になります。 永久ライセンスです。
ハードウェアプロテクトキー
\5,000
\4,900
\5,390
本商品はライセンス制御用のUSBです。これを接続したPCでARCHICADが使用できます。 これを購入しない場合は、使用するPCで事前にWeb上のライセンスプールよりライセンスをダウンロードし、 コンピューター上のソフトウェアコンテナファイルに保存しておく必要があります。
その他のARCHICAD製品
-
-
本リストにないARCHICADのその他の製品については 見積依頼からお問い合わせください。

※注1:送料、手数料は無料です。
※注2:ネットワークライセンスは2本以上の注文からとなります。
※注3:メーカーのサイトこちらから参照できます。


ARCHICAD(アーキキャド)のGraphisoft Forward(旧VIPservice) 価格一覧

Graphisoft Forwardは、ご契約期間中であれば常に最新版のARCHICADがご利用できるサービスです。 また、会員様専用ダイヤルでの電話サポート、オブジェクトやツールの無償ダウンロード等のサービスを利用できます。
商品名 定価
(税別)
販売価格
(税別)
販売価格
(税込)
見積
注文
商品概要
Graphisoft Forward
\132,000
\127,000
\139,700
ARCHICAD レギュラー版の1ライセンスのGraphisoft Forward価格です。 期間は1年です。
Graphisoft Forward Solo年払い
\92,000
\89,500
\98,450
ARCHICAD Solo用のGraphisoft Forwardです。 ARCHICAD Solo初回購入時は同時購入必須(次年度は任意)です。 期間は1年です。

<< 前のページに戻る


商品説明:ARCHICAD(アーキキャド)

ARCHICAD(アーキキャド)の特徴

※ARCHICAD25の最新情報はこちらを参照ください。

  • ARCHICADの特徴 その1 : 設計者のアプローチ
    ボリューム検討などのコンセプトデザインから開始し、プロジェクトの進捗に合わせて必要な情報を追加することで、デザインに集中しながら自然にBIMデータを作成できます。

  • ARCHICADの特徴 その2 : 習得のしやすさ
    直感的な操作性と分かりやすいアイコンなどを中心としたユーザーインターフェイスにより、短期間で基本的な使い方を習得いただけます。各機能の調和性により、プロジェクトでの活用を開始しながら詳細をマスターできます。

  • ARCHICADの特徴 その3 : 高いパフォーマンス
    蓄積されたノウハウと独自のソフトウェア技術により、3次元モデルや2次元図面、形状を持たない情報の全てをBIMのために最適化されています。

  • ARCHICADの特徴 その4 : マルチプラットフォーム
    ARCHICADはmacOSとWindowsの両方に対応。お使いのOSを変更せずに使い慣れた環境でご利用いただけます。 WindowsとmacOS独自の機能にも対応しており、OSの機能を最大限に引き出せます。

  • ARCHICADの特徴 その5 : OPEN BIM
    OPEN BIMとは、建物の設計・施工・運用に関わる各関係者の間で、自由なコラボレーションを可能にするアプローチです。ARCHICADはIFCをはじめとするさまざまなファイル形式に対応しているため、数多くのBIM / CADソフトと連携できます。

  • ARCHICADの特徴 その6 : グローバル
    ARCHICADは世界各地で利用されており、各国の言語に対応はもちろんそれぞれの建設業界の特徴に合わせてソフトウェアの内容と付属するコンテンツを最適化。

※更に詳しい情報は、メーカーホームページでご確認ください。

ARCHICAD(アーキキャド)の動作環境

ARCHICADの動作環境は、こちらのメーカーホームページをご確認ください。

ARCHICAD(アーキキャド)のメーカーのホームページ

メーカーホームページは、こちらからご覧になれます。


ARCHICAD(アーキキャド)のサポート

ARCHICADのサポートは、メーカー対応となります。


ARCHICAD(アーキキャド)25の最新情報

  • ARCHICAD 25の最新情報その1 : コラボレーションについて
    素晴らしい建物は、デザイナー、建築家、エンジニア、請負業者といった全ての関係者がコラボレーションすることで実現できます。 ARCHICADは、オープンコラボレーションの推進に努めており、Archicadは従来のDWG、PDF、XLS形式から、最新のOPEN BIMのIFCやBCF形式まで、40種類以上のエクスポート・インポート形式をサポートしています。IFCやBCFは、メーカーに依存しない業界標準の形式です。

    ■ネイティブの測量点
    Archicad 25の新機能、ネイティブの測量点によって、座標ワークフローの合理化が可能です。測量点を使用すると、どのOpen BIMワークフローでも、実際の座標をより簡単に、そして一元的に処理できます。測量点は、IFCやBCFファイルの交換をサポートしています。また、従来(DWGなど)のファイル形式との相互運用性も向上します。

    ■Revitとの相互運用性
    これまでアドオンとして提供していたRFA & RVT Geometry ExchangeをArchicadに組み込み、2021年までのRevitファイル形式をサポートします。RFAをネイティブArchicadオブジェクトとしてインポートし、RevitファミリからMEP機器を作成可能です。また、3DモデルをRevit 3Dジオメトリとしてエクスポートし、3D RVT モデルをホットリンクできます。ArchicadがRevitのフィルタを処理できるようになったため、RevitファイルをホットリンクしたときにRevitとArchicadで表示されるものに差異はありません。

    ■Revit から Archicad への簡単なデータ移行
    RFA & RVT Geometry Exchange のおかげで、RevitからArchicad に移行するときに以前のプロジェクトファイルを再利用できます。 Archicad 25ですぐに利用でき、Autodesk Revit 2021をサポートします。

    ■Solibri Connectionの改善
    Solibriは、BIMの品質管理の分野で業界をリードするアプリケーションです。無料で提供されているArchicad-Solibri Connectionアドオンを活用して、時間を節約し、ArchicadとSolibri間の双方向のワークフローを円滑化します。最新の更新では、Solibriの選択バスケットに今あるアイテムをArchicadで選択して、同じカメラ位置で表示できるようになりました。

    ■改善されたIFCエクスポート、少ない労力でより多くの情報
    改善されたIFCエクスポートプロセスのおかげで、モデルのジオメトリとデータを簡単に交換できます。これにより、開口部とジオメトリックホールが自動的に区別され、シェルのジオメトリックホールがサポートされ、複合構造や断面形状の場合でも、ビルディングマテリアルによってコンポーネントが識別されます。

    ■コンサルタントとのコラボレーションが更に容易に
    作成したExcelシートをArchicadにインポートすることで、モデルに情報を取り込むことができます。テクノロジープレビューとして利用可能になり、ホットリンクモジュールもサポートされるようになりました。

  • ARCHICAD 25の最新情報その2 : デザインについて
    素晴らしい設計は細部に宿ります。Archicad 25は、さまざまな機能によって作業を容易にし、お客様の利便性、精度、効率を大幅に向上させます。

    ■住宅用および業務用の新しい家具
    新しいシステムキッチンのキャビネット、ソファベッド、衣類用ハンガー、カーテン、コート掛け、テーブル、椅子、マットレス、グリルなど、新しい現代的な家具や装飾品が39種類、Archicadライブラリで使用可能です。すでに、合計1,300を超えるパラメトリックオブジェクトがあります。

    ■2D / 3Dビューのクイックシフト
    普段3Dで作業していると、コンポーネントを2Dで編集できたらと思うことはありませんか?Archicad 25ではシームレスに切り替えが可能です。切り替えたい要素を選択して、他のビューで開くのみです。2Dから3Dへ戻したいときも同じ方法で簡単に行えます。

    ■ポリゴン開口
    矩形か円形のみだった開口ツールが新たに自由形状のポリゴン開口に対応しました。特殊で複雑な形状の開口を自由に作成することができるため、デザインの自由度が格段に上がります。

    ■Rhino6とRhino7の接続の改善
    Rhino6とRhino7のファイルをインポート・エクスポートし、業界をリードする自由形式の有機的な設計ツールを活用しながら、Archicad に切り替えて設計の詳細化や図面化プロセスを継続できます。

    ■Archicadによる高品質モデル
    Archicadは、完全に重複している要素をチェックするだけでなく、部分的に重複しているモデル要素もチェックできるようになりました。このテクノロジープレビュー機能を使用して、自信を持ってモデルを納品できます。

  • ARCHICAD 25の最新情報その3 : ビジュアリゼーションについて
    単に設計するだけが建築ではありません。スペースとボリュームの間の相互作用など、クライアントに意図を伝えることも重要です。 Archicad 25は、設計をより表現力豊かにするために、さまざまなイノベーションを提供します。

    ■断面図と立面図で、材質テクスチャを表示
    他の編集ソフトウェアは使用せずに、Archicad の断面図と立面図に直接、材質テクスチャを表示できます。様々な投影要素オプションで材質を上書きすることで、豊かな表現を可能にします。

    ■テクスチャのリアルなソフトシャドウと表面塗りつぶしオプション
    ソフトシャドウを使用して、断面図と立面図の材質に輪郭と奥行きを追加し正確で芸術的なディテールを盛り込んだ設計案を提示できます。選択したパターンで塗りつぶしながら、テクスチャを重ねていきます。モデルの全体像をきちんと把握してもらえるため、クライアントからの承認が時間を掛けずに得られます。

    ■すぐに使えるRedshiftレンダリングエンジン
    Archicad25用のMaxonによるRedshiftの紹介。Archicad 25 SSA/Forwardのサブスクライバー向けにテクノロジープレビューとして提携されるRedshiftは、世界初の完全なGPUアクセラレーションによるバイアスレンダリングエンジンで、現代のハイエンドプロダクションレンダリングの特定の要求を満たすために構築されました。 Redshiftは、あらゆる規模のクリエイティブな個人やプラクティスをサポートするために開発されたパワフルな機能を備えています。

  • ARCHICAD 25の最新情報その4 : ドキュメント機能について
    規制や基準への準拠した、整合性が保たれた設計図書をより効率良く作成することができます。

    ■断面図と立面図のゾーン
    新しいゾーンラベルを使用して、プロジェクトビューにゾーン固有のデータを自動的かつ正確に文書化します。手動でのワークアラウンドは必要ありません。

    ■コンポーネントリストのより正確なコスト見積もり
    コンポーネントのリストと計算方法の強化により、コスト見積もりをより正確に提供します。正味値と総値に加えて、コンポーネントの「条件付き」面積と体積を計算します。必要に応じて、特定の地域の要件に合うようにルールと条件を設定して、開口部を無視します。

    ■一覧表形式のより詳細な制御
    柔軟で一貫性のあるフォーマットのおかげで、要素の一覧表をすばやく簡単にカスタマイズできます。それらを統合するときに、同一でないセルでさえもリスト、統合、追加、または定量化します。

    ■新しい表現の上書きオプション
    デザインをより柔軟に伝達できるオプションです。表現の上書きの新しい制御機能には、材質用のペンと塗りつぶし背景ペンの両方を上書きするカスタムRGBカラー、材質の透明度、モデルビューの切断面と非切断面の輪郭のオン/オフ表示が含まれます。

    ■MEP要素の新しいラベル付けオプション
    よりスムーズなMEPドキュメンテーションワークフローのために、MEP関連の情報が自動的に表示されます。


※更に詳しい情報は、メーカーホームページでご確認ください。



<< 前のページに戻る

PR

CAD関連の取扱商品

↑ PAGE TOP